生活習慣病にならないために

生活習慣病にならないために、食事を工夫してコレステロールを下げようとする方がいます。一体、どんな食事をすることで、コレステロールを下げることができるものなのでしょうか。朝は和食メインの食事にすることで、コレステロールを低くしておけまする和食なら、バターたっぷりのスクランブルエッグやベーコンを使うこともありません。ただし、低脂肪のハムや、リノール酸を含有したマーガリンの朝食にすれば、脂肪の摂取量を少なくすることが可能です。肉類を食べるときは、脂肪の多いロース肉やバラ肉などを避け、脂肪の少ないもも肉や鶏肉などを選ぶようにしましょう。血中コレステロール値や、血中脂質を低くしたい時には、食事では青身の魚を積極的に食べるようにすると効果があります。飽和脂肪が多くなく、かつたんぱく質が豊富な食品に大豆があります。献立を考える時に、豆腐やおから、厚揚げなどを使うといいでしょう。低脂肪の乳製品も色々ありますので、料理に活用するといいでしょう。カルシウムやたんぱく質が多く含まれている乳製品を体内に補給することは、健康効果もあります。コレステロールをコントロールするには、野菜や海草の多い食事が適しています。積極的に、献立に使うようにするといいでしょう。洋菓子や、スナック菓子よりも、和菓子の方がコレステロール対策にはいいようです。毎日の食事を工夫して、コレステロール値を下げるようにしましょう。