普段からサプリメントを飲んでいるという人は多い

普段からサプリメントを飲んでいるという人は多いですが、サプリメントと薬には飲み合わせがあります。サプリメントは、日頃の食事だけでは欠乏しやすい栄養素を手軽に補給することができるものです。医師から処方されて薬などを飲んでいて、かつサプリメントも使うという人は、それで弊害が起きないか調べることが大事です。予期せぬ副作用や、薬の効果の表れ方が、サプリメントの影響で出たりもします。ワーファリンは血液凝固剤で脳梗塞や心臓疾患を持つ人が服用している薬です。クロレラや、納豆に含有されているビタミンKは、血液凝固因子を体の中で作りだすために必要になる栄養成分です。ビタミンKとワーファリンを併用すると、体内でビタミンKがワーファリンの効果をストップさせてしまいます。結果的に、ワーファリンの効果が弱まってしまうのです。日頃薬を飲んでいるという人は、新たにサプリメントを飲み始める時には、主治医に話を聞くことが大事です。けれども、サプリメントが薬にどのような影響を及ぼすかは、薬同士の副作用と異なって、研究が進んでいない面もあります。サプリメント会社の窓口によっては、電話で薬との関係について丁寧に教えてくれるようなカスタマーサービスを行っています。自分の会社で販売しているサプリメントと市販薬も含む医薬品との飲み合わせをデータベース化し、薬の効き目がどのように変化し、どの程度の時間を空ければ問題ないかなどをアドバイスしています。医師などから処方された薬を飲んでいる人は、サプリメントを飲んでも不都合がないかを調べておくことが大事です。