住居を購入する時に住宅ローン減税という言葉に接することが多い

住居を購入する時に住宅ローン減税という言葉に接することが多いのではないでしょうか。住宅ローン減税とは、一体どういったもののことなのでしょう。住宅ローンの返済負担を軽減するために、住宅ローンを利用して返済途中にあるような人が、所得税を控除してもらえるというものです。住所を購入するために住宅ローンを利用してから最大10年は控除が続きますので、減税額も高くなります。住宅ローン減税を受けるにはいくつか条件が決まっています。いくつかの条件を満たしている必要があり、住居を取得してから6カ月以内に住むこと、50平方以上の登記面積があることです。その年の収入が3000万円より低いことや、床面積の半分以上を本人の住居として使用することなどで、これらをクリアしなければなりません。住宅ローンを完済するまでの期間が10年以上かかることや、住宅金融支援機構や、民間の金融機関から融資を受けての住宅ローンであることも条件になります。住宅ローンは、10~35年はかかる、借入機関のとても長いローンです。月々の返済も大きく、家系を圧迫する割合は意外と大きなものになるケースが多いようです。賢く住宅ローン減税を利用すれば、返済をしやすくなることでしょう。住宅ローン減税の目的は購入者の負担を軽くするだけではなく、日本全体の経済の活性化につながるものです。住宅ローンを借りて家を買うことを考えているなら、住宅ローン減税を使っていきましょう。